« マトリックス オンライン | トップページ | 下妻物語 »

アイドルトレカワークショップ

前回新調した単焦点85mmレンズは一部では「おねぇちゃんレンズ」と揶揄されることがあるほど
まぁポートレート向きな描写を生み出すレンズなのですが、綺麗なお姉さんを遠慮なく撮ってみたい
衝動に駆られたので撮影タイムのあるこのイベントに参加してみました

HPでは当日発売のトレーディングカードを購入した人は無料でイベントに参加できますとあり
トレーディングカードは曾爺さんの遺言により手を出せない私としても買わなくても入場料さえ払えば参加できそうなので願ったりなイベントかと思いいそいそと出かけてみました。

そのくせあっさり5分遅刻して到着。
会場は港区芝の住宅街のど真ん中、某マンションの一階部分
撮影スタジオとはこういったものらしいですが、看板があるとはいえ一寸不安になる。

耳をすますと自己紹介している声が聞こえたのでせっかくだからと開きそうなドアを開けて突撃

1500円もするのでトレカが一箱あるのかな?と思ったのですが、一枚が1500円で入場の際に森下純菜と久保亜沙香のどちらが良いですか?と聞かれて選ぶシステム。
結局トレカが入場チケットみたいなものだと判明。

人数は20人前後、全員年齢不詳。女性のファンも一人だけ居ました。

で、久保亜沙香、森下純菜とそれぞれ歌っている間に廻りの観客がデジカメやスチールカメラを取り出して
パシャパシャ撮りはじめたので自分も撮り始める。

ズームのない単焦点のレンズは画つくりが非常に大変だということを痛感。
今まで如何にズームに頼った画つくりをしてきたのか・・・

その後、歌が終わった後にきちんとした撮影タイムが設けられていてこのときは座席の列ごとに前に移動して
囲ませて撮影をしたりします。

さらにその後サイン会&握手会にしますと司会の方に云われ
とりあえず入場時に貰ったトレカに全員がサインをしてもらう流れに。

物販も行われていて4つ切りのポートレート数種、CDや先ほどのトレカ(別絵柄)などを買ってそれにサインしてもらう
時間が1時間以上続きました。

新参者の私以外は皆ものすごいファンで前述のポートレートを綺麗にファイルに収めて全てにサインを貰っている人
や写真集の全ての頁にサインしてもらってある人など・・・
時間が経つにつれて時計を気にする人が増えているのは遠い場所から来ているからで、話を聞いてみると
静岡だとか北海道!だとか。夜行で帰ってそのまま仕事なんだって・・・
あと10歳若ければ自分にもあの情熱があったのか?と思うと甚だ疑問だったりする。

別段ファンでもなく、只写真が撮れれば良いなぁと思って参加しただけだったので
この濃い世界を一寸嫌悪している自分と本当にマンションの一室なので適度に狭く、スタッフ、アイドル、ファン達
がとてもアットホームな雰囲気で過ごしているこの世界に溶け込めるのだろうか?という思いとが
自分の中でぐるぐると葛藤していたのが、後から考えてみて面白い体験だったなぁと思います。

#デジカメでも写真いくらか撮ったのですが、一応芸能人なので肖像権とかなんとか良くわからないので保留
#久保亜沙香、森下純菜は検索すると公式HPもあるし適当に画像も出てきますので興味のある方はご自分で。


でも一寸貼ってみる

|

« マトリックス オンライン | トップページ | 下妻物語 »

カメラ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/695592

この記事へのトラックバック一覧です: アイドルトレカワークショップ:

« マトリックス オンライン | トップページ | 下妻物語 »