« LittleBSD | トップページ | 小沢なつき「決心」と「アイドルの性」 »

PS2 ウルトラマン

PS2「ウルトラマン」を購入。
さっそくプレイ。
(ゲーム内容は「Heppoko Gamer's Gai」さんの記事が詳しい。)

(以下、ややネタバレになる)

正直な感想としては、ゲームとしては、薄い。
ゲーム開始30分でいきなりクリアー。操作に慣れる為、難易度はイージーだったが、それにしても殆どコンティニューしないで進められてしまい、少々当惑。
その後3時間くらいやって、一眠りして2時間プレイ。
「帰ってきたウルトラマン」でもプレイできるようになり、どうも隠しモードについては、全て出してしまったようだ。
開始二日目にして、ほぼ全要素を出し切ってしまった。意気込んでいただけに、肩すかしを喰らった気分だ。

じゃあ、つまらないかというと、まあこんなモノじゃないか、と思う。
というのも、今のゲームは要素が多すぎて、プレイ時間が掛かりすぎることに辟易していたのだ。
難易度的にもかなり易しいし、しかもプレイ時間も少なくて済む。
このゲームのメインターゲットが30代だとするなら、これはこれで正解じゃないのか。
彼らにはゲームに掛ける時間は、そんなに多くはない(少なくとも私はそうだ)。だからこの薄さや難易度の低さは、却って有り難い。

まぁ、6800円(税別)という値段については、ややコストパフォーマンスに欠ける、という感覚はある。
だがこれはその出来の良さに対価を支払っていると思えばよい。
彼方此方で評価はされているが、このゲーム、ウルトラマン・シミュレーターとしては特筆すべきモノがある。
あと、マニアックな拘りか。
ウルトラマンの顔がA~Cの3タイプ在るだけでも感涙ものだし、怪獣との取っ組み合いも、遠目に見ると本物の映像を見ているみたいで、本当に感心する。

永く、こつこつとは遊べないが、財力のあるオトナの贅沢なゲームだろう。

それにしても、おまけであるが「帰ってきたウルトラマン」モードは最高だ。
ピンチに際して音楽が切り替わるのもさることながら、ナレーションも良い。
「タッコング」「キングザウルス三世」「グドン」「ツインテール」「ブラックキング」「ナックル星人」という怪獣のチョイスも少ないながら、なかなか。
なにより夕日の中でナックル星人とブラックキングに対峙する新マン。

・・・も、燃える。


|

« LittleBSD | トップページ | 小沢なつき「決心」と「アイドルの性」 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。

イージーモードとはいえゲーム開始30分でクリアーというのには驚きました。二代目バルタン星人で苦戦しているGaiとは大違いですね^^;

「帰ってきたウルトラマン」モードがあることも知りませんでした。
それは是非やってみたいです。

投稿: Gai | 2004.05.24 22:09

もう
もうこのゲーム最高です
リアル体験世代
つまり私のような
40代狙い撃ちでしょう

もっとゲームは易しくしたほうがよいでしょう
なぜか
これは格闘ケームではないからです
断言します
シュミレーションゲームですこれは
いかにテレビ作品と同じ構図で
同じことができるか
それを何回もやって喜ぶゲームです
だから「ウルトラマン」の映像を覚えていない人には
なんかリアルそうな
ただのクソつまらないゲームなのです

ゼットンからやられるウルトラマンの合成のズレ
つまり失敗合成まで再現されてるなんて
マニアック云々以前にゲーム製作者の
「ウルトラマン」の愛に満ち溢れています

当時「ウルトラマン」を見ていた人が夢に見た地上戦の
初代バルタンで
しかもハサミの折れどころがまったく同じ
アントラーの磁力光線を後ろ向きであびたりできて
ネロンガが爆発しないでもがき苦しんで死んだり
レッドキングが初代なのに二代目と同じ切れ方を
するサービスまであるし
二代目バルタンが光波バリアで八つ裂き光輪をはねかえし
スペシウム光線をスペルゲン反射光ではじき返すのを
テレビと全く同じアングルでとても自然に再現できたり
ゼットンがウルトラマンのリングバリアを
1兆度の火の玉で解除して
そのままウルトラマンを攻撃したり
しかもゼットンの光線をよけたら
科学特捜隊の基地がちゃんと一部破壊されて火事に
なったりと

いまこれを読んでも訳が分からない人は
このゲームの本当の面白さは一生分からないでしょう
私は何回やっても面白いですよ
なんてったってテレビ作品「ウルトラマン」が
本当にそのまま操れるんですから
それもテレビと全く同じに

これは「細部のこだわり」という部分ではなく
このゲームの根幹だと思います
だからもっとゲームは易しくしてほしいんです

今回のゲームで、
その世代の人が気持ちよく楽しく
当時の作品に浸れるゲームがようやくできたナッて感じです
ゲームはゲーマーだけのものではないのですよ

格闘ゲームもたくさんやってきましたが
キャラものの最高作品でしょう
作り手が割り切ってがんばっていると思いました

まずウルトラマンの該当話数を全部見てから
改めてゲームをやることをお勧めします

ぜひ次回ウルトラセブンは
いかにテレビの演出と同じにするかを競うゲーム
にするようなもっと易しい格闘モノにしてもらいたいものです
これを楽しめる人はもう歳なんだし
ゲームにさける時間も限られてる大人がやるんだから

ゲーマー中心のゲームは他で勝手にやって頂戴って感じです
違う道を堂々と歩んでほしいです

最高でした

他のモードはいらない


投稿: ぶん | 2004.06.14 01:06

ぶん様、コメント有難う御座います。

確かに、これは格ゲーの名を借りた、ウルトラマン・シュミレーターですよね。

>ゼットンからやられるウルトラマンの合成のズレ
>つまり失敗合成まで再現されてるなんて
>マニアック云々以前にゲーム製作者の
>「ウルトラマン」の愛に満ち溢れています

>当時「ウルトラマン」を見ていた人が夢に見た地上戦の
>初代バルタンで
>しかもハサミの折れどころがまったく同じ
>アントラーの磁力光線を後ろ向きであびたりできて
>ネロンガが爆発しないでもがき苦しんで死んだり
>レッドキングが初代なのに二代目と同じ切れ方を
>するサービスまであるし
>二代目バルタンが光波バリアで八つ裂き光輪をはねかえし
>スペシウム光線をスペルゲン反射光ではじき返すのを
>テレビと全く同じアングルでとても自然に再現できたり
>ゼットンがウルトラマンのリングバリアを
>1兆度の火の玉で解除して
>そのままウルトラマンを攻撃したり
>しかもゼットンの光線をよけたら
>科学特捜隊の基地がちゃんと一部破壊されて火事に
>なったりと

・・・うーむ。半分くらい、プレイしていて気が付きませんでした。流石です。

個人的には次回作か、その次でも良いので「帰ってきたウルトラマン」が出たら良いなぁと、思っています。
とはいえ、新マンの怪獣は後半が最悪なので、そのあたりが微妙なんですが。

投稿: 一伽貝 | 2004.06.14 01:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/644126

この記事へのトラックバック一覧です: PS2 ウルトラマン:

» KAZE製作だそうで [PlayLoud!!]
ウルトラマン 発売日 2004/05/20売り上げランキング 238Amazonで詳しく見る またもや『ウルトラマン』ゲームが登場。今回はピンボールで有名なゲ... [続きを読む]

受信: 2004.05.24 10:06

» なんとかストーリーモードをクリア! ~「懐かしさ」と「こだわり」 ~PS2「ウルトラマン」 [Heppoko Gamer's Gai]
えー、プレイ初日の前回、「2代目バルタン星人」にどうしても勝てなくてプレイを中断 [続きを読む]

受信: 2004.05.26 05:08

« LittleBSD | トップページ | 小沢なつき「決心」と「アイドルの性」 »