« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

カメラバッグ使用感

前回買ったクランプラーのカメラバッグの使用レポートです

続きを読む "カメラバッグ使用感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都営大江戸線で思いついたトリビア

伝説のトキワ荘がかつてあったことで知られる街、江古田にはその地名のつく駅が2つあるが
西武池袋線は「江古田」(えこだ)

都営大江戸線は「新江古田」(しんえごた)
と濁音の位置が違う。

#都営大江戸線を利用した顛末はまた後ほど。
##つーか夜はココログ管理画面が調子悪すぎて写真がアップできないのでね~
###結局こんな時間になっちゃったしなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

100記事記念というわけで節目の感想の雑文と今までしなかったライター紹介(遅)

気が付いてみれば、このBlogも100記事に達します。
そんなに書いたんだ、と感慨。
4月頭から始めたこのページも、丁度2ヶ月弱になるので、ここでちょっとこれまでの経緯を振り返ってみます。

続きを読む "100記事記念というわけで節目の感想の雑文と今までしなかったライター紹介(遅)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

天上天下

南極怪獣通信社の定例でいつも少年王3号氏がアニメ「天上天下」の読みは”てんじょうてんが”と読ませるのであるはずなのに
わざと”てんじょうてんげ”と読ませているのが非常に気になるので、その為番組そのものもとりあえず観ている。
等と云うのですが・・・

続きを読む "天上天下"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

びんちょうタン

bin.jpg
アルケミストのキャラクターフィギュアがユージンのガチャガチャになったので回してみました。

全6種が揃わないのは仕方ないとしていきなりシークレットっぽい「あろえ」のスク水バージョンが3つもダブってしまいました・・・

だれかトレードしてください・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズステーションでチャンネルロゴ

 なんでも「キッズステーション」でも番組内チャンネルロゴを入れるようで。

 アニマックスと違い、キッズステーション、潔いぜ、と思っていましたが・・・。

 遂に・・・、遂に、入ってしまうんですか、チャンネルロゴ。

 いやロゴ入ったからどうだ、と訊かれると、普段はHDDにLPモード(VHSの3倍モードだと思いねえ)で録画していることで判るとおり、画質に拘りはない・・・あまり。

 ただ、今まで入っていなかったモノを、急に「入れますよ」と言われると、おい、そりゃないよ、と言いたくなるのが人情。
 例えば、これまでDVD-RAMに録画し続けてきた「スクラップド・プリンセス」なんか、急に来週放送分からロゴが入るわけですよ。
 すると、今まで余り気にしていなかったモノが、急に気になり始めるんですな。
 なんか、今までこつこつと努力して集めていたモノが、汚されたというか、そんな感覚。

 ・・・マニアの拘りっていうのが判っていないなぁ。キッズ。

 とはいえ、コンテンツ保護、という主張も頷けるモノはある。
 拘る奴はDVDを買え、と言うことだ。

 ・・・で、御前は買うのかと問われると、きっと買わないんだろうなぁ。
 中途半端なヲタだし。
 
 だんだん、ヲタも、ぬるい奴は住みにくくなってきたな、と思う今日この頃。_| ̄|○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラQ dark fantasy ウニトローダの恩返し

さて「ウルトラQ dark fantasy」第八話「ウニトローダの恩返し」の感想である。

(以下、ネタバレ感想)

続きを読む "ウルトラQ dark fantasy ウニトローダの恩返し"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クランプラーのカメラバッグ

この春カメラを新調して、以前使っていたカメラバッグではちいさくなったのでいろいろ物色した結果
(大抵のカメラバッグはダサいものが多い・・・というか機能重視がメインなのでデザインは2の次なのが殆ど)

続きを読む "クランプラーのカメラバッグ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小沢なつき「決心」と「アイドルの性」

毎号購読しているTVBrosにAVレビューの囲み連載記事があって
いつもはタイトルだけを眺めて本文は読み飛ばすのですが

先週号によると、ちゅうかなぱいぱいこと小沢なつきがAVデビューしていたらしいので
近所のTSUTAYAに行ってみたらあったので借りてみた。

続きを読む "小沢なつき「決心」と「アイドルの性」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS2 ウルトラマン

PS2「ウルトラマン」を購入。
さっそくプレイ。
(ゲーム内容は「Heppoko Gamer's Gai」さんの記事が詳しい。)

(以下、ややネタバレになる)

続きを読む "PS2 ウルトラマン"

| | コメント (3) | トラックバック (2)

LittleBSD

スラドの大OFF敢行の日
行くだけ行ってみてダメなら帰ろうという軟弱なコンセプトで新橋に集合するも、店内は凄い人いきれで
参加表明もしていないので入れるはずも無く敗退。

続きを読む "LittleBSD"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スターウォーズ サイエンス アンド アート展

 南極怪獣通信社の定例会ついでに、上野国立科学博物館に「スターウォーズ サイエンス アンド アート展」へと行きました。
入場料大人1400円はちょっと割高感が強かったですが、実際に映画に使われていたミニチュア(X-Wingやミレニアムファルコン)や、実物大のポッドレーサーが置いてあり、結構見応えがあります。

 さて国立科学博物館で開催するだけあって、なんでも「スターウォーズをマジに検証する展示会」だそうです。
 まあ展示品の脇に、科学的に考察したパネルが張ってあるのですが、

  曰く

   「ライトセーバーのような刃同士で、剣を切り結ぶことは不可能」

   「ポッドレーサーに乗ると、あまりのスピードで首の骨を骨折する」

   「スピーダーの浮力である反重力は科学的にあり得ない」
   

・・・(゚Д゚)ハァ?

  あのー、これ笑うところなんでしょうか?


  
  なんなんでしょうかね、この柳田理科雄の「空想科学読本」的な解説は。
  
  というか、映画の小道具の展覧会とはいえ、会場内はいわば夢の、いや「スターウォーズ」の世界です。
  ヲタ同士の会話ならいざ知らず、このような現実的で、しかもつまらない解説なら要らないような気がします。
  
  国立科学博物館主催ということで、変に気をつかったのか。
  あるいは「空想科学読本」のパロディだったりしたら、それはそれで凄いと思いますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうやら

南極怪獣通信社の面々は一般的ではないらしい・・・orz

続きを読む "どうやら"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アヴァロン 灰色の貴婦人

「アヴァロン 灰色の貴婦人」ISBN4840107424
読了しました。押井守先生著作です。押井守先生監督の実写映画「アヴァロン」のノベライズです。

デストピア的な近未来でアンダーグラウンドな体感型ゲーム「アヴァロン」を生活の糧にしている主人公の話です。
「アヴァロン」とは20世紀後半の戦場のシミュレータです。プレイヤーは兵士となり個人携帯兵器を使って闘います。死ねばフィードバックで気分が悪くなるだけではなくゲロをはいたり脱糞したりもします。主人公は金で雇われてゲームをします。金さえもらえれば色々なことをやると説明されていますが最後のミッション以外は撤退援護のシーンしかありません。

現実と、ゲームの世界のどちらが現実なのかという押井守先生のいつものテーマです。最後のミッションで鉄橋を渡った先にスペシャルAランクの戦場=現実があるというのが結論です。現実だと思っている現実が本当は夢なのかもしれないという、いつものテーマです。
映画のマトリックスの主人公がゲームをやっていてゲームは現実じゃなくてザイオンの中が現実だと思っていたが、ザイオンの外に現実があったということがまだるっこしく書いてあるだけです。
アヴァロンがアーサ王伝説がどうだこうだと書いてありますが結論につながる伏線はありません。

友人に面白いから読めと進められたので読んでみたのですが、思ったとおり、うる星のビューティフルドリーマー、パトレイバー劇場版、攻殻機動隊とまったく同じ話でした。形而上学(事実を離れて抽象的なものにだけとどまる議論を揶揄(やゆ)していう語)がテーマでは原作付でないと売れないということを「アヴァロン」がヒットにならなかったことで証明してるのに、攻殻機動隊2==イノセンスでまったく同じテーマをやるというのはなんでなんでしょうか?教えてください->押井守信者の人

自分は形而上学は現実では使えないので実証主義万歳というスタンスです。「面白いものは面白い」ではなくて「何々だから使える」と説明できますか?->押井守信者の人

押井守先生自身は金を稼げて、あまつさえ信者まで居るので本人的には問題ないと思っております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Pinky:Cos発売延期

アキバBlogさんより

池袋のアニメイトで予約しちゃったので自分用メモ
全額前金で入荷連絡なしで取り置き一週間とかかなり客をなめた扱いだったのですが
忘れないようにしないと・・・

こんなに伸びるなら予約しなくても買えそうだな~失敗、失敗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラQ dark fantasy 綺亞羅

さて「ウルトラQ dark fantasy」第七話「綺亞羅」の感想である。

(以下、ネタバレ感想)

続きを読む "ウルトラQ dark fantasy 綺亞羅"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

クラナド

4年も待たされて逆に冷めちゃったの(フルコンプに300時間かかるとか既読スキップを使っても80時間以上
かかるとか社会人には辛すぎてうんざりする情報が多いのもあるけど)
でインストールどころか積んであっただけだったのを
土日のビデオ消化ヒキコモリに合わせてとうとう開始しました。

続きを読む "クラナド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバックについて雑感

さて、5/17時点のウチの「最近のトラックバック一覧」の先頭に、なんだかよくわからないトラックバックが存在する。
辿って記事を読んでみると、トラックバックされた記事の引用もなければ、内容も全く関係が無いように思える。なにかの宣伝か、むしろ広告の様に読める。

トラックバックにも、こういう使い方があるのか、と思った。
あれか、2ちゃんねるなんかでも、スレッドが上位に来ると広告リンクがカキコされることがあるが、それのBLOG版か。
それにしても、ページ全体で日にようやく300~400ヒットそこそこであるウチのような弱小BLOGに、なんで広告が、とも思ったが、きっとタイミングの問題なんだろうな。
トラックバックによる広告をしようかな、と、思った時に、たまたま更新があったウチのBLOGのPINGかRSSでも参照したんだろう。(一応、これについてのことと思われる、大量トラックバックのお詫びの記事が、トラックバック先にある)

迷惑か、と問われると、今のところ特に気にしていない。
ただ、こういった事が多いと、スパムのように迷惑になるんだろうな、と思った。
無意味なトラックバックが多くなると、本当の意味でトラックバックしてくれる人の為に、無意味トラックバックを削除しなくてはならないだろう。
日に何件も来るようになったら、整理が大変になるかな。

トラックバックを自分のBLOGの宣伝に使おう、というのは珍しい事ではないが(正直に言うと、ウチも他のBLOGからトラックバックをするときは、その下心が無いわけでもない)、トラックバックされた記事に全く関係なく、しかも商用ベースっぽいBLOGから来たのは、少し驚いた。
或いは、今後、商用ベースに限らず、トラックバックのマナーが問題になるかもしれない。

そーかー、こういった問題が出始めるとは、メジャーになってきたなぁBLOG文化も。と、ちょっと感慨。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ケロロ軍曹

以前に週に観るアニメリストを発表しましたが、結局、今期一番楽しんでいるのは、なんと、その時は見る予定のなかった、「ケロロ軍曹」だったりします。

挙句の果てに、思わず原作コミックスをオトナ買いしてしまう始末。
この原作の方も、面白かった。

ところで、アニメでは主に「ガンダム」のパロディが中心です。
これはスポンサーや制作会社がそうだがら当たり前だし、アニメ版「ケロロ軍曹」の最大の強みではあります。

が、原作を読んでみて解りましたが、原作ではどちらかというと、「ドラえもん」をはじめとした藤子不二雄のパロディが多いんです。
キチンとは数えていませんが、ガンダムパロデイよりも遙かに多い筈。

で、藤子不二雄を少年期に読んできた私には、この原作漫画は、かなりツボにはまるんですよね。
(最新刊の詳しい解説が、「漫画な。」さんで・・・。成る程なぁ)

アニメも(ここ最近は少しトーンダウンしてきた様に思えますが)かなり良いアレンジされています。
恐らく藤子不二雄ネタは切り捨てて、ガンダムネタ中心でこのまま突き進むんでしょうが、どのような番組になっていくのか、毎週楽しみです。

・・・しっかし、土曜の朝に子供向け番組として放送していますが、子供にガンダムネタのオンパレードは解らないんじゃないんでしょうか。
一緒に観ているお父さんの方が笑っているんじゃないでしょうかね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレー

料理好きの同僚に簡単レシピを教わったので作ってみた。
小学校のキャンプ以来かも?

あの時は男子はカマドつくりくらいで料理担当は女子だったはずなので一人で最初から最後までは初めて。

続きを読む "カレー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「忘却の旋律」(第四・五話)感想文(ネタばれ注意!!)

 どうも落ちの切れが今一つのような気がします。まあ言ってみれば、この「白夜岬」は榎戸先生の決意表明のようなものなので、“面白い”とかいうことは、どうでもいいことかもしれませんが。むしろ、伏線がまったく読み切れていないような気がするのが、とても不安です。なんか上っ面だけを撫でているような感じで・・・

続きを読む "「忘却の旋律」(第四・五話)感想文(ネタばれ注意!!)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木更津キャッツアイ日本シリーズ

なんととらのあなに行ったら既に妄想代理人のVol2がリリースされているじゃあ~りませんか!

続きを読む "木更津キャッツアイ日本シリーズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーニバル三輪の層

読了

続きを読む "カーニバル三輪の層"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラQ dark fantasy 楽園行き

さて「ウルトラQ dark fantasy」第六話「楽園行き」の感想である。

(以下、ネタバレ感想)

続きを読む "ウルトラQ dark fantasy 楽園行き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Boarder70

セガのスケボーゲー『OllieKing』のサントラが発売になっていたらしいので
仕事帰りに秋葉原~

続きを読む "Boarder70"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蒟蒻ゼリーバー

夜、雨が降って少し涼しくなったけど蒸し暑かったので冷たいもの食べたかったし
おいしいらしいので駅前のファミマで買ってみた。

冷えた蒟蒻ゼリーの食感がアクセントになっていてただのシャーベットバーよりも噛み応えがあって宜しい。

関東では来月桃タイプも出るのか・・・
それも楽しみ。

モナカも好きなのでザックスも買ってみるかな~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ショックな出来事

岡崎律子さんがお亡くなりになったそうで

早出出社しての作業がひと段落してへろへろRSSリーダーで巡回していたら

一瞬目を疑いましたよ・・・

メロキュアのアルバムも出てまだまだこれからも
素敵な歌が聴けると思っていたのにな。

とりあえず今日はメロキュアをヘビーローテーションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーニバル3輪の層

まだ途中なのですが、大阪ドームが空を飛ぶところは読みました。。。

早く終わらないかなぁ~~
>早く読めば済むことだよ。

でもまぁ京極夏彦の姑獲鳥(うぶめ)の夏もトリックは「ハァ?」って感じだったなぁ・・・

今日とらのあなでこんなの見つけたのですが関連書籍でしょうか?

続きを読む "カーニバル3輪の層"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版Zガンダム 星を継ぐ者

2005年劇場公開だってさ。

続きを読む "劇場版Zガンダム 星を継ぐ者"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

確かに

なころぐさんを読んでいるとDOMな人なのでしょう。

といっても、

続きを読む "確かに"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「忘却の旋律」(第二・三話)感想文(ネタばれ注意!!)

…どんどん作画枚数が減っていく。下手すると一本1000枚以下なんじゃないだろうか。これで情報量を増やせと言われても、かなりしんどいような気も。しかしこんなことで榎戸先生は負けはしない。がんばれ榎戸先生!!

続きを読む "「忘却の旋律」(第二・三話)感想文(ネタばれ注意!!)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

電波時計

 腕時計を新調した。

 買ったのはシチズン製の「ATD53-2611」という奴だ。私が嵌める腕時計としては3代目となる。

 最初に買った腕時計は、アナログ式の時計だった。デザインはシンプルでなかなか気に入っていたのだが、永く使っている内に電池寿命が早くなり(漏電していたのだろうか)、終いには半年に1回電池交換をするまでになり、辟易して新しいのを買った。

 次に買ったのは、太陽電池で充電するタイプのものである。前回苦労した電池交換から解消されたかったのだ。これも永いこと使っていたのだが、そろそろ新しいのが欲しいなぁ、と思い新調。
 二代目腕時計の不満として、まあデザインも今ひとつなのだが、太陽電池時計の初期型なので、とにかく光に当てていないと直ぐに停止してしまう事だ(大体二日程度放っておくと、停止する)。で、停止する度に時刻合わせが面倒くさい。

 今回はその時刻合わせの手間を解消する電波時計を選んだ。
 また電池不要の太陽電池モデルでもある。
 要は電池交換の手間、および時刻合わせの手間が不要という時計を買ったのだ。
 多分、自分にとってこれ以上の時計はないんだろうな(まあもうちょっと本体が薄ければ・・・とは思う)。
 
 ・・・ま、我ながらモノグサなんだとは思うよ。ただ、コストに見合う無精はするべき、だと思う。

 因みに電波時計が正確か・・・というと、先程強制的に電波時計による時刻合わせを行ってみたが(何もしないと1日二回受信して時刻を合わせる)、電話117の時報と比べるときっちり10秒ずれていた。
 デジタル時計ではなく、物理的に針が動いているアナログ時計での時刻合わせは、こんなものかな、と思った。
 普段は別に秒刻みで生きているわけではないので、これでも困らないだろう。

 ま、同じく時報により自動的に時刻合わせをする、ビデオの内蔵時計が10秒もずれていた場合、洒落にならないんですが

※追記
 10秒きっかりずれているのをみて、なんか引っかかるモノを感じた。
 ひょっとして、私は電話の時報の捉え方を誤っていたんじゃないのかと。
 例えば、12時ちょうどの時報を聞いたとする。
  「ピッ、ピッ、ピッ、ポーン、・・・十二時丁度をお知らせします・・・ピッ、ピッ、ピッ、ポーン
 という風に聞える訳だが、私はこれまで最初の太字で十二時になっていたのかと思っていた。が、調べてみるとどうやら後ろの太字が十二時であったことを知ったのだ。
 
 なんだ、電波時計、正確じゃん。

 ・・・というより、オレは三十年余りずっと勘違いしていたのか?

 嬉しい、というよりマジでショックでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トップをねらえ!2

ガイナックスが「トップをねらえ!2」を秋に発売するみたいですね。(ソースは2chなんですが・・・)

 監督           : 鶴巻和哉
 キャラクターデザイン : 貞本義行
 脚本           : 榎戸洋司

えーと。この辺だけ見ると「フリクリ」みたいなんですが。

つーか、設定だけ借りた別物、と考えた方が良さそうですな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

キャラねっと の 感想

少し旬は外れているが、先程、読了した「キャラねっと」について書こう。

続きを読む "キャラねっと の 感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラQ dark fantasy ヒエロニムスの下僕(しもべ)

さて「ウルトラQ dark fantasy」第五話「ヒエロニムスの下僕(しもべ)」の感想である。

(以下、ネタバレ感想)

続きを読む "ウルトラQ dark fantasy ヒエロニムスの下僕(しもべ)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーホテル

 GWに暇を持て余していたので、ふと思い立って松本まで旅行をした。

続きを読む "スーパーホテル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Blogの文化って

意外と心地よいですな。

トラックバックとリンクとコメントでのいろいろな人からの丁寧なメッセージは古きよき時代のパソコン通信を想起させます。

有名巨大掲示板は罵りあいの文化というか、他人を卑下する発言お構いなしみたいで。
まぁパソコン通信の性善説的な人との関わりからそのような方向への発展も一部ありなのは判るのだけれど
やっぱり自分から壁を作って他人を撥ね付けるよりも、誰とでも仲良く出来たほうが良いですよ。

続きを読む "Blogの文化って"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

04新番組のこり

残りも見たので初見のみで

続きを読む "04新番組のこり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWセール

bookoff.JPG

続きを読む "GWセール"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

CLIE NV80V

 CLIE NV80Vを購入。

 値段を確認するつもりで、4/30にふらっとLaox秋葉原本店に立ち寄ったところ、PDAかノートパソコンを購入したらAirH"カードが無料というキャンペーンを実施中。しかも、AirH"が一ヶ月通話料無料。丁度その日が最終日だったので即購入(こんなんばっかですな(苦笑))。

 私がPDAに求めているのは、外で文章打ちができることです。
 以前にモバイルギアを使っていましたが、パソコンとの連携機能がおかしくなって泣く泣く封印。
 モバイルギアはやや重いマシンでしたが、キーボードで文章が打てるのが良かった。でももう作られることはないだろうな
 CLIE NV80Vにした理由は、ペン入力は苦手だからです。幸いCLIE NV80Vには親指用の本体小型キーボードと、オプションによる折りたたみキーボードが使えます(これも購入)。
 電車の中などで立って打つ場合は本体キーボードで、落ち着いて長文を打ちたい場合はオプションキーボードで、と場所を選ばないところが気に入りました。

 しかし、Palmは初めてなんで操作方法にやや戸惑っています。
 しかもソニーのマニュアルはなんか不親切。特にバックライトの点け方がマニュアル一読しただけでは全然解らなかったので、当初はそんな機能が無いのかと思いました。いやバックライトを点灯させないと、本当に使いにくいです。

 1日経って、なんとかWebが見れる位まで習得。しかしBlog編集はなんか難しそうだな。
 ココログに記事を投稿しようとすると、タイトルが入力できませんでした(ココログ投稿については、このページを参考に解決)。

 実際に使ってみると正直ノートパソコンの方が使いやすいなー、と思いました。
 画面の狭さというのもありますが、複数ページを同時参照が不可能なので、特に引用(URLのLINK)が面倒くさい。

 ま、重量と性能はトレードオフの関係なので、より軽量なものを選択した訳ですが。

 また、AirH"によりインターネットも繋がるようになりましが、これでBlog更新はちょっときついかな、というのが正直な感想です。やっぱりブロードバンドに慣れてしまったせいか、128Kでも遅く感じられるのです。

 当面はネタ集め、下書き用ですかね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

α7購入

alfa7.JPG
買っちゃった。

続きを読む "α7購入"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CASSHERNと嵐を呼ぶカスカベボーイズ

movie.JPG
1日は埼玉・神奈川・千葉は映画ファン感謝デーなので1000円
(東京は1月・12月以外は第一水曜日なので今月は5日ですね)
で観られるので入間のシネコンへ行って見てきましたよ。

続きを読む "CASSHERNと嵐を呼ぶカスカベボーイズ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

機動戦士ガンダム 公式百科事典

GUNDUMCRO.JPG

機動戦士ガンダム 公式百科事典を買いました。
私(一伽貝)ではなく少年王3号がですが。
実際にはもう3年も前の刊行物ですが、当時は貧乏だった彼が買えなくて激しく後悔していたものでした。
先日ひょんなことで池袋のイエローサブマリンの奥でひっそりと眠っているブツを発見。即買い

いやーガンダムって書くことがこんなにあるとは思いませんでした。
値段の高さ(15,000円(税別))は伊達ではない。
字は細かいは、ページは厚いは、重いは、いやマジでヒトを殴り殺せる本(By 清涼院流水)なんですが。

・・・しっかしホントにこれ全部読む奴居るのか?

中身についてはこちらでも軽く書かれています。

そーかー、ガンダムが何号機まであるのか既に決定していたのか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サウスパーク4シーズン

セレクションをしてもらったものを見ました。

続きを読む "サウスパーク4シーズン"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »