« ファミコンミニ第2弾 | トップページ | ウルトラQ dark fantasy らくがき »

04春新番組感想その一

連続投稿は如何なものかと???

まぁ良いか。

まだ半分も見てないけど。

「ケロロ軍曹」 ハレグゥを楽しく感じたのは愛河里花子嬢のマシンガントークが60%
グゥのキュートさが40%といった感じだったので池澤春菜嬢のマシンガントークが朝っぱらから聞けて萌え。
サンライズ製作でガンダムネタも多いよね。カレイドスターの後の土曜朝はこれだ!(監督も一緒だしね)

「ダンドー」 まさにサンデーなゴルフ少年漫画。これやめて土曜の朝から磯山さやかみることにしようっと。
(時間はずれているのでグランセイザーと被らずに撮る事は本来は可能)

「今日からマ王」 ヤオイ。せっかくの戦闘シーンに背景がスピード線だけなのはテニ王に通じるものがある。
(さらに王つながりで・・・というオヤジギャグ的なネタを思いついたり(w

「忘却の旋律」 能登真美子萌えなので見る。背景が斬新でかなり惹かれる。

「ラグナロク」 .hackなどで既にキャラクターの裏側にプレイヤーの世界がある設定は使われちゃったので
ごく普通のファンタジーものって感じ。

「ウルトラQ」 カメラマンエンクミが持っているカメラが今個人的に一番欲しいNikonF100である点にジェラシーを
感る。AF機はコンピュータ制御なのでオーロラが出ちゃうと使用不能。
サブでMF機もぶら下げていたのでそちらを使えば問題ないのだけれど・・・

「爆裂天使」 アファームド・ザ・ハッター???
似てる・・・
コックで雇われた男の子はきっとこれからも事件に巻き込まれるだけで料理シーンなんて全く無いんだろうな・・・

「修羅の刻」 川原正敏先生の対決シーンに見られる何だか良くわからないけど画面に飛んでいるもの
もOPを見る限りきちんと再現されていますね。凄い。OPには陸奥の三人と相手役が色々と出てくるので
(判別は付かないけど)八雲編だけでなく3人分やりそうですね。
詳しく覚えてないけど。

「火の鳥」 なーんか薄っぺらい印象がしたので気になって原作の黎明編読み返してみたけれど、はしょり過ぎ。
マリ見てみたいな省き方ですよ。原作のファンは思い入れが強くてなー
自分のペースで読める、本、漫画に比べて時間の流れで見せられるアニメは余韻が無いというか。

「絢爛舞踏祭」 海賊に拾われた主人公がそのまま海賊になる話?なのかなぁ?
PSのゲーム原作のメディアミックスの一環らしい作品。(ゲームは未発売)
スポンサーが豪華なのでスタッフが豪華。
なぜか朝再放送してくれるので出社前にみれるので有り難い。

「ズッコケ3人組」 これも朝飯食べながら出社前に見られるので楽。

まっすぐにいこう」 昨夏に4話放映した女性誌連載もの
殺伐とした作品が多い中貴重な作品。好きなので見ますよ。

「恋風」 アフタヌーン連載。
原作は巻末のおまけまんがが萌え。地上波は一話少ないらしいですな。
(スカパーは事情があってキャンセルしてしまいました・・・)

「天上天下」 原作者がエロ漫画出身。絵が丁寧で面白い話を書ける人はあっさりメジャーへ
行ってしまうのでまぁそれは良いとして、以前出たフィギュア付きの単行本だけ
買ったのだけれど読んだこと無かった。普通のバトルモノですね。

「鉄人28号」 OPから燃え。製作「敷島重工」でまた燃え。WFでプロもフィルムをみてしまっていたので
どのあたりからやるというのは知っていたのでそのあたりでの驚きは残念ながらない。


他は長くなったので日を改めて。というかここまで書いていたら「鉄人28号」が始まったので~

|

« ファミコンミニ第2弾 | トップページ | ウルトラQ dark fantasy らくがき »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

つーか、私があっさりと切り落とした物まで、よく観ていますな。どうやったらそんな時間が取れるのでしょうか(泣)

>「忘却の旋律」 背景が斬新でかなり惹かれる。
あの辺の背景とかは「少女革命ウテナ」にかなり似ているんですよ。作品の雰囲気とかも。
まあウテナは少女漫画ベース、忘却の旋律は少年漫画ベースなんで、その辺りに若干差異があるようですが・・・

投稿: 一伽貝 | 2004.04.15 02:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/442613

この記事へのトラックバック一覧です: 04春新番組感想その一:

« ファミコンミニ第2弾 | トップページ | ウルトラQ dark fantasy らくがき »